2011年11月10日

家政婦のミタ 松嶋菜々子 感想 第5話

家政婦のミタ 松嶋菜々子 感想 第5話

父が出て行っちゃってから、阿須田家は精神的にメチャメチャだ。

結も翔も荒れている。希衣ちゃんは、おねしょが始まった

翔のいらいらがどんどんエスカレートしてきた。

結とも言い合いばっかりで、弟ともけんかが絶えない。

でも希衣ちゃんにだけは優しい翔。

バスケ部でも部長になったが、仲間ともめてしまうし。

三田にやらしてよと言ったら、承知しました。

ってやらしてくれるそうです。

キスか脱ぐかで

脱いでよと言ったら、脱ぎ始まるし。

でも、笑ってよと言ったら、

それはできません。と

なぜ笑うことができないのか・・・・・

情けない父親も最後の場面では、土下座してかっこよく

終わって、翔もお父さんと久しぶりに呼んでいた。

無表情の三田だがこの家庭をいいほうへと導いて行くんだろうか。

また、次回が楽しみになってくるドラマだね。

そーいえば、市原悦子のは家政婦は見たでしたね

結構面白かったな。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。